PICK UP

【報告】9/20Umidas Cafe~子連れお話会

9月20日㈫のUmidas Cafe~子連れお話会は『気になる隣のテレビ&ゲーム事情』
あいにくの雨ふりでしたが、小さい子どもさんを連れてママ達がご参加くれました!

まずは、なぜ参加したのかを聞きながらの自己紹介。
子どもがゲームを欲しがったのだけど…
おじいちゃん、おばあちゃんに預けると、テレビ見放題なのよね…
テレビを見せてないけど、逆にいつから見せようか…。

…悩みは尽きなそう。

umidascafe1

では、「お家では、どんなルールがあるの?」と聞くと、みなさん とっても考えています!
夜20時にはテレビを消す。
宿題のある人が終わってから。
ご飯のときはテレビを消す。

ついつい、テレビがついていると子どもの手も止まりますよねー。

テレビを見せたい?見せたくない?は、若干見せたくない人が上回ったけど、

やっぱり災害時などは情報としてあった方がいいし…。

その一方で、見せる番組を選ばないと、子どもに見せたくない映像も流れてしまう…。

『害』としてのテレビは?――――ダントツ 「目が悪くなる!」
なんと参加者のほとんどが、3才児検診の視力検査でなにか言われた!いう結果が!!

両親では教えられない興味を引き出すなど『良さ』としても、いろいろあるけれど…

理想と現実のバランスで揺れているママが多いみたい。

もう一つの『ゲーム』は、やらせていないママが多数。
課金してまでやってほしくない!
ゲームに詳しくないから、どんなルールならいいのかな?
こそこそ隠れてやって欲しくない!
などなど。

外国のママが子どもに送った「ゲームをする時のルール」というのが、良いらしいとの情報も。

umidascafe2

 

最後はいろんな話を聞いた中で、感想をシェア。
見たいテレビや、やりたいゲームは『自分の他に回す予定だった時間』を使って、見たりやったりしている。
たくさん録画したテレビと『自分の時間(ライフスタイル)』とのバランスを考えて。
与えようとしていたゲームは、本当に必要なものか相手にプレゼンする。
もう少し大きくなってからテレビを見せます!

これからますます複雑化、多様化していくだろうテレビやゲームの世界に、

自分は子どもに『テレビやゲームとどう向き合ってもらいたいか』を、

短かい時間の中で『自分で考え、答えをそれぞれで探していく』ママ達が

とってもまぶしく見えました☆

 

byのもっちゃん