PICK UP

【報告】2/21Umidascafé「親子でできる“性”のお話」

2/21に行ったUmidascafé~子連れお話会~
「親子でできる“性”のお話」の報告です(^_^)

今回は、初の試み!参加者がそれぞれ「課題図書」を読んで、
当日感想を言い合うというスタイルにトライしました。
はたして、申し込みはあるのか…、
課題図書を読んできてくれるのか…というこちらの不安はよそに、
10名のお母さんが読破して(笑)、参加くださいました。

まずは、自己紹介の後、本を読んでの感想をグループトーク。
・3歳くらいからでも話していいことに驚いた
・こちらが恥ずかしがらずに伝えることが大切
・親が引き出しをもっておけば、いつ聞かれても安心
・夫婦で“性”に対する考え方を確認しておくことも必要かも
などなど、本に感想以外のことにも、話は膨らみました。

実際にお子さんが2歳頃から、トイレやお風呂の時に
子どもに「?」を聞かれたときに、慌てず冷静に答えているお母さんが、
体験談を話してくれたりもしました。

そして、その後は、自分にとっての“性”って何なのか、を考えてみました。
これまた、それぞれのイメージ、
子ども時代から母になってのイメージの変化がおもしろかったです。

最後に、これからどんなふうに親子で“性のはなし”に取り組んでいくか、を
グループトークして終了。
ざっくばらんに、思い思いの考えを話したり、
様々な意見や経験談を聞けたり、今回のUmidascafeも充実した時間となりました。

参加者さんの感想では
・それぞれの家庭での様子が参考になった
・子どもがどんな質問をしてくるのか知ることができてよかった
・いつ話し始めようか、どんな風に伝えていくか想像もつかなかったけれど、見通しがつきました
・正しい知識をもつ子を性犯罪者は嫌がる傾向があると初めて知った
・なんでも話せる親子関係、夫婦関係も大事
・課題図書以外にも、参考になる絵本や本をたくさん紹介してもらい今後に役立ちそう

まだまだこのテーマで話したい、
もっと深い話もしたいという感想も多く、
お母さんにとっては本当に不安の多い、そして未知の世界なんだなと、実感しました。
第2弾、いつか開催できたらいいな、と思っています。

<Kuro>