PICK UP

【報告】Umidascafe「防災+たすと-ひく」

3月5日、富士宮市民文化会館にて
「Umidascafe~子連れお話会~『防災+たすと-ひく 子どもとママの非常持ち出し袋編』」が行われました。

「防災用品をそろえなきゃとは思うけど、何を準備したらいいか分からなくて…。」
「水だけは買って用意したけれど…。」「とにかく地震がこわいんです!」
参加した理由をそんなふうに話してくれたママたち。

まずは自分たちがどんな不安があるか、どんな疑問があるか共有するところからスタート!

・子ども用に何を準備したらいいの?
・持ち出し袋に着替えを入れたいけど、みんなシーズンごとに入れ替えているの?
・持ち出し袋ってどこに置けばいいの?

 

それぞれの思いを出し合ってみると、共通する疑問には「そうだよね!」と共感の声があがったり、
自分が思いつかなかった疑問に気づけたり。

子どもの年齢別に持ち出し袋の中身を考えるワークでは、実際に備蓄品のサンプルに触れてみて、
「こんなものもあるんだ。」「これ買ってみようかな…。」という声も聞こえました。

災害は起こってほしくないものです。でも、もし起こってしまったとき、少し準備しておけば、守ることができる命と心があります。
防災のために、全てを完璧に準備するというのは不可能です。
しかし、避難先での生活を想像しながら、少しずつ準備を進めていきたいですよね。

参加してくれたママたちが最後に感想を話してくれました。
・我が家の一日のトイレの回数を想定して、見直したい。
・自分用にナプキンを準備しようと思った。
・子どもの備蓄食料を工夫して用意したい。

次回の「Umidascafe~子連れお話会~」は5/29(火)に開催予定。
幼稚園保育園選びを語る会になる予定です。お楽しみに!