PICK UP

【報告】2/13 富士宮市もうすぐパパママ学級でお話してきました。

2/13 富士宮市保健センター2階で、「もうすぐパパママ学級 お産、母乳の回」が開催されました。
ちょっと肌寒い日だったので、いつもより少し参加者が少なめでした。

母力向上委員会のメンバーが交代で、自分のお産の体験をお話させてもらっています。
今回は、ありちゃんとあゆちゃんのお二人です。

ありちゃんは、普通分娩の予定でしたが、陣痛が始まったにもかかわらず子宮口の開きが進まなかったりで、
帝王切開に切り替えての出産でした。
陣痛も体験し、陣痛促進剤もしたうえでの帝王切開だったので、いろいろ「痛み」は経験したことになります。
実はありちゃんご自身、妊婦さんの時に、このもうすぐパパママ学級で私たちの話を聞いてくれていた人です。
そのときに、帝王切開の話も知っておくといいよと言われていたけど、調べる暇もなくあまり知らないまま帝王切開に切り替わってしまったそうで、やはり、出産前にいろいろ調べておけばよかったと感じたそうです。

あゆちゃんは、前駆陣痛が1ヶ月以上前に来た経験や、おしるしも3週間前に来て、さらに1週間前に2度目のおしるしがあったことなど、二人のお子さんの出産体験を話してくれました。
初期の陣痛が、「お腹をこわしたような痛み」と話していたのですが、これは上手い表現だなと思います。私もそんな感覚でした。

後半は出産予定日が近いママさん同士でグループトーク。この日初対面の方がほとんどでしたが、同じように感じている悩みや不安を共有できたことで逆に安心につながったのか、終わる頃には笑顔も見られました。

今回、パパママ学級に参加されたもうすぐママさんは15人。もうすぐパパさんもおひとりいらっしゃいました。

富士宮で出産されるママパパ向けに開催されている「もうすぐパパママ学級」来年度も開催されます。
みなさんが少しでも不安を和らげて、安心して出産できるよう、母力向上委員会もお手伝いさせていただきます。
ご参加お待ちしております。