Recommend

ATM手数料無料!実は女性の味方「静岡ろうきん」をあなたの暮らしに活かしてみませんか?【広報協力】

静岡県労働金庫「静岡ろうきん」って聞いたことありますか?
ろうきんって、実は家計と女性に優しい金融機関なんです😃

「金融機関なんてどこでも同じ。近いほうがいい。」
「金利とかよくわからない」
「静岡ろうきんって銀行なの?」
そんなふうに思っていませんか?

ろうきんは、労働者が65年前に作った金融機関なんです。
昔は、銀行は企業にはお金を貸しても個人にはなかなかお金を貸してくれないところ。
でも、個人だって家を建てたり子どもの教育などでお金を借りたいことがある。
それなら、労働者自ら金融機関を作ろうということで、作られたんですって。
知らなかった~(゚Д゚)

その大きな特徴は『利益を追求しない』こと。
つまり、出た利益を労働者であるお客様や地域に還元する金融機関なのです。
その還元方法の1つが、ATM手数料無料!なんですって。

 

ATM手数料無料って?

<ATM写真>

静岡ろうきんで口座を開きキャッシュカードを持つと、そのキャッシュカードでお金の出し入れをする時にかかる手数料が、24時間365日無料になります。
しかも!
静岡ろうきんのATMだけではなく、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどのコンビニのATMも無料!イオンモール富士宮にもATMがあります。

実際、私のメインバンクは静岡ろうきんなのですが、コンビニでこまめにお金を引き出して生活しています。それもこれも手数料無料だからことできること。深夜やゴールデンウィークなどでも無料なのですごーく助かっています。家計を預かるお母さんには、嬉しい情報ですよね。

また、静岡ろうきんの担当者さんにお聞きすると、利用シーンとして今手数料無料が喜ばれているのが、我が子への仕送り時だそう。子どもが大学などに通うのに遠方に行った時、ろうきんの口座なら1つの口座に対して2枚のキャッシュカードが持てるのだとか。それなら、富士宮にいる親が1枚、遠方にいる子どもが1枚持っていれば、仕送りを振り込むのも無料、子どもがお金を引き出すのも無料。夜中のコンビニでも無料で振り込みや引き出しができます。それを見越して、子ども名義の通帳を作っておくというママもいるのだとか。賢いですね。

 

税金でローン金利が安くなる?「自治体提携融資制度」って?

子どもが高校生・大学生になる時、なってからの学費や1人暮らしなどの仕送り時に利用できる教育ローン、新居を建てた時やリフォーム時に利用できる住宅ローンを利用する方も多いですよね。
教育ローン、住宅ローンでは、それぞれの金融機関で金利を提示されるはずです。その金利を上乗せした額を月々で返済していくわけですが、静岡ろうきんには「自治体提携融資制度」という制度があります。
これがなんと、各自治体がローン時の金利部分の1部を税金から払ってくれるというもの。

例えば…
・教育ローンで富士宮市の場合、 通常金利1.98%自治体提携融資制度金利1.50%
→つまり差額の0.48%の金利分を市が税金から肩代わりしてくれます。

・住宅ローンで富士宮市の場合、通常金利0.65%自治体提携融資制度金利0.3%
→つまり差額の0.35%の金利分を市が税金から肩代わりしてくれます。

市が税金から個人の金利を1部肩代わりしてくれるなんて驚きじゃないですか?
それもこれも、静岡ろうきんが営利を目的とせず、利益を労働者と地域社会に還元する金融機関だからこそ。
この「自治体提携融資制度」は、市は他の金融機関とは提携がないものだそうなので、どうせ借りるならこれを活かさない手はないですよね。

ちなみに、クレジットカードのキャッシングの金利はいくらかご存じですか?
例えば100万円借りる場合、金利はなんと18%。もし100万円借りたら、月々15,000円返してもなんと金利分のみしか返したことにならず、元本(借りた100万円そのもの)は減ることがないくらいの金利なんだとか(゚ロ゚屮)屮
めちゃくちゃ怖いですよね(^^;)

もちろん、条件などがありますので、自治体提携融資制度の詳細に興味がある方は、ぜひ窓口に行って話を聞いてみてくださいね。

★静岡ろうきん富士宮支店の場所などは…こちら

他にも、
□妊娠期~の育児に関わる出産費用、育児に使う車の購入、学習机などの購入に使える『子育て応援ローン
□育児休業中の生活費に使える『育児休業等生活資金貸付制度』
など、女性のライフスタイルの変化に伴うローン制度を多く扱っていますので、困った時には1度相談に行ってみるといいかもしれません。
利益を追求していないので、ローン担当者の方々にノルマの設定などもないということで、安心してゆっくり話を聞いていただけるそうですよ。更に1番いい方法を一緒に考えてくださるとのこと。通常の金融機関は金利が人によって違うことは当たり前の世界ですが、静岡ろうきんはお客様は全員平等。平等の金利だそうなので、ここれ相談しやすいポイントですよね。

 

市に毎年要望を出しているってホント?

静岡ろうきんは、静岡県労働者福祉協議会=「労福協(ろうふくきょう)」という組織を持っています。
そこでは、労働者福祉の向上を目指し様々な活動を行っているそう。富士宮地区労福協の活動の一環として、登録している事業者の労働組合からヒアリングした市への要望をまとめて、毎年要望書という形で市長に提出しているんだとか。

例えば2018年は
①放課後児童クラブの増設・定員増と市役所関係各課との連携について
②こどもの保育料について
③不妊・不育症治療のための環境整備について
④公共施設の治安強化に向けた防犯カメラの増設について の4件を要望として市長に提出。
市長からの回答も富士宮地区労福協のHPから見ることができます。→ 回答はこちら

もはや金融機関の枠組みを超えているような…。
しかも、要望が子育て層に切実なものばかり。
さすが、労働者の作った労働者のための金融機関ですね。

 

今回お話を伺って、「金融機関はどれも違いがよくわからない」と思っていた私は目から鱗の情報ばかりでした。金融機関でも商店でもNPOでも、同じではないんですね。
想いや成り立ちに共感した私は、子どもたちの口座を今後開設する時には相談に伺おうと思ったのでした。
みなさんの生活にもいつか必要になる時が来るかもしれません。
ぜひ、静岡ろうきんを活用して、安心な暮らしを続けていきましょう♪

 

静岡ろうきん 富士宮支店
・住所:富士宮市弓沢町109-1
・電話:0544-23-1234
・営業時間:9:00~15:00(平日)
・休日:土曜・日曜・祝日