PICK UP

【募集】8/8 0.13㎜から始まるいのちの授業ワークショップ

-自由研究はこれで完璧!-
0.13㎜から始まるいのちの授業ワークショップ

 

●日時:2019年8月8日(木)10時~12時
●会場:さぁどぷれいすSAN(富士宮市野中1136-5)
●参加費:親子で2,500円(そのまま提出できるいのちの始まりBOX&ワークノート付)

こんなワークショップです

あなたの命が始まった時の大きさ、それが0.13㎜です。
お母さんのお腹の中でこの大きさから始まった命に、5週間後に心臓が作られはじめ、7週間後にへその緒の元ができはじめて、十月十日成長し赤ちゃんとしてこの世界に生まれてきました。
いのちが生まれることは奇跡です。

今回はそんな命のお話を胎内の写真や赤ちゃんと同じ重さの人形なども使い、子どもたちにもわかりやすくお話します。そして、いのちの始まりが実際どんな大きさだったのかを体感できる「いのちの始まりBOX」をみんなで作っていき、その感想などをワークノートに書いていくことで、そのまま学校に自由研究として提出できるキットを1組1つお持ち帰りいただけます。

この日1日で、命の奇跡を学び、自由研究も同時に終わらせてしまえるという授業になります。
小学生対象で、4年生以上なら子どものみの参加も可能です。
この機会にぜひご参加ください。

<定員>8組
<対象>小学生とその親(4年生以上は子どものみでの参加可能)
※幼児は無料でご一緒に参加できます。授業内容は小学生以上対象のものと予めご理解ください。
※小学生のお子様が2名以上ご一緒に参加される場合は、+500円頂きキットも2つ用意いたします。

今回の講師

siokawa塩川祐子 yuko shiokawa

母力向上委員会代表理事。看護師、保健師。誕生額アドバイザー。
小学生、中学生、高校生の3姉妹の母。
病院、助産院での勤務経験を活かし、妊婦さん向けの講座なども多数開催。
今回は子どもたちにわかりやすくお話します。

 

 

こんな方を対象としています

ねこ

●いのちのはじまりについて、我が子にどう伝えたらいいか不安な方
●自由研究の宿題に困っている方
●生まれてきたことは奇跡だと子どもに伝えたい方
●我が子が生まれてきた時の気持ちをもう1度思い出したい方

 

お申込み方法

以下のお申込みフォームよりお申込みください。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/dc03222f257989

●主催:s-プラネット 塩川祐子
●共催:NPO法人母力向上委員会